寝転べるボードゲームバーGeeBee大阪心斎橋店

10ぴったりを目指してカードを出すボードゲーム『ぴっぐテン』

   

こんにちは、まぐろです。
本日もボードゲームを紹介していきます!本日紹介するボードゲームは

「ぴっぐテン」

⭐︎所要時間
約15〜20分

⭐︎人数
2人〜8人

⭐︎ゲームに必要な物
カード 80枚
・1〜4、6〜9:各8枚
・0 :7枚
・±5 :5枚
・10 :4枚

⭐︎ゲームの説明

合計がちょうど「10」になるようにカードを出せれば、出ているカードを全てもらえます。
しかし、「10」を超えてしまったら、前の番の人に取られます。
カードを順番に出していき、それらの合計が「10」またはそれを超えるまで続けます。
ちょうど「10」にして、たくさんのカードを集めた人が勝利となります。

⭐︎ゲームの準備

・カードをよく混ぜて、各プレイヤーに伏せて3枚ずつ配ります。
これが手札となります。

・残ったカードは、伏せて補充用カードの山とします。

⭐︎ゲームの進行

・10まで1番早く数えられたプレイヤーがスタートプレイヤーとなり、その後は時計回りの順番で進めます。

・手番になったら、次の順番でプレイします。
1.手札からカードを1枚表向きにして出し、直前のプレイヤーが出したカードに重ねて置きます。
(直前に出したカードがない場合は、直接テーブルの上に置いてください。)

2.この時、はっきりと山の数字を言います。

3.最後に山札から1枚手札を補充します。

このあと、左隣のプレイヤーの手番になります。

・カードの山の数字がちょうど「10」になった場合は「ピッグテン!」と言って、すでに出されているカードすべてをそのプレイヤーが取り、自分の前に伏せて置きます。

・もし、10を超えてしまった場合には、直前のプレイヤーが、出ているカード全てを取り、自分の前に伏せて置きます。

※山の数字とは
・まだテーブルの中央に1枚もカードが出ていない時は、最初に出すカード全てを取り、自分の前に伏せて置きます。

・それ以降は、直前のプレイヤーが言った数字に、新たに重ねて出すカードの数を加えた数が山の数字となります。

⭐︎特別なカード

・「±5」
±5のカードを出した場合は、山の数字に5を加えるほかに、5を引くことが出来ます。
ただし、マイナス数字にすることは出来ません。

・「0」
0を出した場合には、山の数字が常に「0」になります。
前のプレイヤーが言った数字に関係なく「0」になります。

・「同じ数」
前のプレイヤーが出したカードまたら山の数字と同じ数字が書かれたカードを出した場合には、通常通りその数を加えるほかに、出したカードに書かれた数字をそのまま山の数字にすることもできます。

・「10」
10のカードには特別な能力はありません。
直前に出したカードがない場合、または山の数字が「0」の時に出せば「ピッグテン!」になりますが、それ以外の場合は10を超えてしまいます。

⭐︎ゲームの︎終了

・補充用の山札がなくなってもそのままゲームを続けます。
・全てのプレイヤーのすべての手札がなくなったらゲーム終了です。
・自分の前に最も多くのカードを置いているプレイヤーの勝利です。

⭐︎最後に

「ピッグテン」奥が深いのと、カードの効果によって戦略性が格段に上がって万人に楽しめるゲームになっておりますので皆様プレイしてみて下さい!



最新情報はLINE@・ツイッターからアップしますので
フォローやいいねをよろしくお願いいたします。

LINE@:『@gmn5436q』を友達追加するだけ♪
友だち追加数 twitter:https://twitter.com/nekorobe_geebee

ボードゲームバーGeeBee大阪心斎橋店
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-12-14 OCEAN DRIVE MITTERA 314-3F
TEL:050-3558-8732

 - ボードゲームバー, ボードゲーム