ボードゲームバーGeeBee大阪心斎橋店

金塊を集めろ!しかし時には邪魔者が。。。『お邪魔者』

   

こんにちは!まぐろです。今日もボードゲームを紹介していきます!
今日は「お邪魔者」を紹介しようと思います。
道をみんなで作ってゴールまで進んで行くボードゲームになりますが少し複雑なので説明させて頂きます。

お邪魔者

⭐︎内容物

・通路カード40枚(金塊までの通路を繋げるために必要)

・アクションカード 27枚(両肩に丸いシンボルが描かれており、通路の破壊などに使われたりします)

・スタートカード 1枚(通路のスタート地点を表すカード。はしごが特徴)

・ゴールカード 3枚(目標の金塊のカードとハズレの石ころカードが2枚)

・金カード 28枚(目標達成したチームに与えられる報酬です)

⭐︎役割カード 2種類

・金鉱堀 7枚(通路を作ってゴールまで目指す役割)
・お邪魔者 4枚(名前通り妨害をする役割、英語ではSaboteur と書かれています)

⭐︎ゲームの準備

まず、次のカードは使い道が異なるので別々に分けておきましょう。

通路カード+アクションカード/スタートカード/ゴールカード3枚/役割カード

⭐︎ラウンド前の準備
全3ラウンド行います。各ラウンドの最初に、今回使う分の役割カードを良く混ぜ、裏向きにしてから全員に1枚ずつ配ります。
各自、それを人に見られないようにみて役割を確認します。自分の役割は秘密です。
ラウンドの終了時に初めて各自の役割が公開されます。
ゴールカードは3枚を裏向きにしてスタートカードと一緒に画像のように机の上に並べます。

※スタートカードからゴールカードまで約7枚分のスペースが理想的な形になります。

・ゲームの進行に伴い、スタートカードから通路が形成されていきます。通路カードとアクションカードは、一緒に混ぜてから各自の手札として、人数に合わせて枚数分を配ります。
今回は4人で遊ぶため1人6枚のカードを配ります。表はボードゲームを買った時に付いています。

配ったカードの残りのカードは、裏向きの山札にしてゴールカードの脇に置きます。金カードは、ラウンド終了時にだけ使いますので、山札にして邪魔にならないように置いておきます。

⭐︎ゲームの手順

時計回りで1人ずつ手番を行います。
自分の番になったら次の3つの行動のうち、いずれか1つを行います。

A.通路カードで通路を伸ばす。
B.アクションカードの使用。
C.1枚捨ててパス

その後で山札から1枚手札に補充します。これで手番は終わりで、左隣の人の番になります。

⭐︎A.通路カードで通路を伸ばす

通路カードによって、スタートカードからゴールカードまでの通路が作られていきます。手札から通路カードを1枚選んで出し、壁と通路の絵柄を合わせつつ、他のカードと辺が接するように置きます。90度回してカードが横になるように置くことは出来ません。

また、スタートカードから通路が繋がるように置かなければなりません。通路が途中で分断された状態ならば、その先にカードを繋げることができません。

⭐︎B.アクションカードの使用

両肩に丸いシンボルがかかれたアクションカードは、手札から1枚出すことができ、種類に応じた効果を発揮します。

アクションカードの効果には大きく4種類あり、プレイヤーの行動を妨害したり、救済したり、場の通路カードを取り除いたり、ゴールカードの情報を知ったりします。
今回は2種類紹介します。

・穴掘り道具の破壊:3種類

これらのカードは他のプレイヤーの前に置き、それらのカードがプレイヤーの前にある限り、通路カードを繰り出すことが出来なくさせます。
ただし、アクションカードの使用や、パスといった行動は封じることは出来ません。

・宝の地図

このカードは、3枚あるゴールカードのうち1枚に対して使います。金塊が描かれているゴールカードは3枚のうち1枚だけで、残りの2枚はただの石ころです。
選んだゴールカード1枚を慎重に抜き取り、他の人に見られないように中身を見てから元の位置に戻します。
嘘を含めて、内容を公言するかはその人の自由です。ゴールカードを見終わったら、このアクションカードは捨て札にします。

⭐︎C.1枚捨ててパス

手札から適当なカードを繰り出せない、もしくは出したくない場合はパスを選択します。
パスする時は手札から1枚捨てるカードを選び、他の人には見せないように裏向きにして、捨て札の上に捨てます。
ラウンド終了間近には、手札が1枚も無い事があります。この時には、何も捨てずにただパスします。

⭐︎ラウンドの終了

誰か1人が、ゴールカードに到達したら、そのカードを表にして、ラウンドの終了か見極めます。
ゴールカードに金塊が描かれているなら、金鉱堀が報酬を受け取り、このラウンドは終了になります。
石ころだけの場合はこのままラウンド継続になります。
また、全員の手札が全て出し切った場合は、お邪魔者チームの勝ちとしてラウンド終了です。

⭐︎金カードの分配

金塊のゴールカードに到達した場合は、報酬として金カードの山札をよく混ぜた後、プレイヤー人数に応じて、枚数分裏向きのまま取り出します。
(4人の場合は4枚です)
最後に通路カードを出したプレイヤーが最初にこの束を受け取り、それぞれのカード内容を見た上で1枚選んで獲得し、残りのカードを右隣の人に渡します。

⭐︎ゲームの終了

それを3ラウンド終了後、ゲーム終了です。
各自獲得した金カードに描かれている金塊の個数を数え、合計します。
金塊の数が最も多い人の勝ちです。

⭐︎最後に

「お邪魔者」なかなか複雑なルールになっていますので一度遊んでみる時はみんなで確認しながら遊ぶとスムーズに出来るかなと思います。
協力出来たり裏切ったり出来るので楽しいボードゲームだと思います!



最新情報はLINE@・ツイッターからアップしますので
フォローやいいねをよろしくお願いいたします。

LINE@:『@gmn5436q』を友達追加するだけ♪
友だち追加数 twitter:https://twitter.com/nekorobe_geebee

ボードゲームバーGeeBee大阪心斎橋店
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-12-14 OCEAN DRIVE MITTERA 314-3F
TEL:050-3558-8732

 - ボードゲームバー, ボードゲーム